HOME

2006年7月

月のうさぎTOP   お部屋    夕食    朝食


 夕食も朝食も離れにある各室専用のお食事処で頂く。
 『失礼致します』と暖簾の前で深々とお辞儀して運ばれてくるお料理はどれも見た目は
 もちろんだが、手の込んだ細工が施されている。

 1品ずつ運ばれてくる会席料理だが、よくありがちな1品食べてからしばらく待たされる
 事は決してなかった。
 時々暖簾の向こうからスタッフが料理の進み具合をチラッと確認して絶妙なタイミングで
 次の料理が運ばれてくる。
 厨房との連携が密に行われているのだろう。
 私たちより15分程遅く食事処に向かう竹林の道を歩いて
 来たカップルが、一足早く食事を終えたのがその証拠。
 もちろん1品毎にスタッフから丁寧なお料理の説明。

 伊豆ならではの海の幸に舌鼓を打ち最高の気分で部屋に戻ると『新米の板前ですが』
 との書置きと共にレモン水と冷蔵庫にはスウィーツが用意されていた。

 後ほど2日後に誕生日を迎える玲へ、メッセージ付のキャンドルがサプライズされた。

下のサムネイル画像をクリックすると大きな画像が表示されます

                               月のうさぎ hhttp://www.tsuki-u.com/open.htmln.html

宿TOPへ戻る Homeへ戻る